ワードプレスサイト

相撲史神事と武道の華麗なる融合
イメージ画像

Vol.61 柏鵬とカラーテレビの時代

栃若時代のあとにすぐやってくるのが柏戸と大鵬による「柏鵬時代」である。世の中はすでに高度経済成長期に入っていた。昭和39年には東京オリンピックが開催され、家庭にはテレビが普及していた。
大鵬は、昭和31年に二所ノ関部屋に入門。早くからその才能を見込まれて英才教育を受ける。身長187センチ、体重153キロという理想的な体型で、しかも驚くほど柔軟。色白の美男横綱、大鵬は一躍国民的スターとなる。大鵬の取組でどうしても忘れられないのが、「世紀の大誤審」であった。そんな事もあったが、さまざまな記録を打ち立てた大横綱大鵬は昭和46年5月場所を最後に引退する。
柏鵬時代のもう一方の雄、柏戸はさまざまな面で大鵬とは好対照の人物であった。柏戸は、伊勢ノ海部屋に入門し、29年9月場所で初土俵を踏んでいる。大鵬とは対照に「剛の柏戸」と呼ばれていた。昭和38年の3月場所に右肩を負傷する。再起をかけた9月場所、なんと柏戸は全勝優勝を飾る。引退後、年寄鏡山として大鵬とともに協会理事、審判部長を務めている。
メニューへ つぎへ


お知らせ



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ 成績照会 について ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

大変ご迷惑御おかけいたしております。

当社星取クイズには、2種類ございます。
キャンペーン商品購入版と集計版です。
成績照会は別々になっておりますので、それぞれのカテゴリの成績照会をご利用ください。

左のカテゴリで

■ 商品購入版 ■の成績照会は、
商品(3,000円、6,000円、9,000円)をご購入されたお客様用です。

/// 集計版 ///の成績照会は、
集計のみ(500円)のお申込をされたお客様用です。

お手数をおかけいたしますが、どうぞご利用ください。

バナー バナー

大相撲星取クイズ モバイル

QRコード左のバーコードをケータイで読み取るか、URLをケータイに送信!してアクセス。ケータイに送信
ツイート