ワードプレスサイト

相撲史神事と武道の華麗なる融合
イメージ画像

Vol.60 栃若と街頭テレビの時代

角界はどたばたとした戦国時代に区切りをつけ、新たな時代へと入っていくことになる。相撲の新時代を象徴したのは、昭和28年5月から始まったNHKテレビの実況中継放送だ。これによって、相撲人気は全国的なものへと拡大し、新たなファンを生み出すことになる。そして、二人の傑出した横綱を中心とした戦後初の黄金時代が築かれる。その二人は栃錦と若乃花、人々はこの時代を「栃若時代」とよぶ。
栃錦は、小学校をでるとパルプ工場に勤めたが、すぐに春日野部屋に入門した。栃錦の相撲はうまくて、強靭な足腰を生かし、土俵狭しと暴れまくり、勝負にかける執念深さから「マムシ」という異名をとった。すべての決まり手を使うのではないかと思われるほど多彩な技を駆使し、三賞を通算9回も受賞した技能派力士で、名人横綱とよばれた。
栃若時代のもう一方の主役である若乃花は昭和21年11月、に初土俵を踏む。苦労の絶えなかった若乃花であったが、土俵では順調で出世は早く、昭和25年には入幕。33年3月、45代横綱に昇進。最高時でも108キロという軽量力士だったが、人の何倍もの稽古量たまものであった。巡業の稽古でさえ殺気がみなぎり、周囲の人間を震え上がらせた。若い時には「狼」とよばれ、のちには「異能力士」、そして「土俵の鬼」とよばれた。
メニューへ つぎへ


お知らせ



【 予想番付と本番付の違い 】
[ 幕内力士 ]
千代翔馬

[ 十両力士 ]
貴源治

ただし、当社星取クイズ商品購入版は、あくまでも予想番付に従って行います。
※貴源治は、十両の成績が対象となります


【 お詫び 】
5月場所GET7ページ「必勝予想板 すもうライフ」において、本番付発表を「6月24日」と掲載しておりました。
正しくは、「4月30日(火)」です。
大変ご迷惑をお掛けいたしまして誠に申し訳ございません。訂正いたしましてお詫び申し上げます。


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ 成績照会 について ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

大変ご迷惑御おかけいたしております。

当社星取クイズには、2種類ございます。
キャンペーン商品購入版と集計版です。
成績照会は別々になっておりますので、それぞれのカテゴリの成績照会をご利用ください。

左のカテゴリで

■ 商品購入版 ■の成績照会は、
商品(3,000円、6,000円、9,000円)をご購入されたお客様用です。

/// 集計版 ///の成績照会は、
集計のみ(500円)のお申込をされたお客様用です。

お手数をおかけいたしますが、どうぞご利用ください。

バナー バナー

大相撲星取クイズ モバイル

QRコード左のバーコードをケータイで読み取るか、URLをケータイに送信!してアクセス。ケータイに送信