ワードプレスサイト

相撲史神事と武道の華麗なる融合
イメージ画像

Vol.36 好敵手 梅ヶ谷の登場

13歳のときに巡業中の大関剣山にその才能を見いだされ、師匠である雷(初代梅ヶ谷)の養子となり英才教育を受けたのが梅ヶ谷藤太郎である。31年1月に入幕してから32年5月に関脇昇進、33年5月には大関昇進とその才能を見せつけた。
明治36年5月場所千秋楽には常陸山との全勝対決に望んだ。日本中の注目を集めたこの取組は仕切り直しをなんと10回もした。白熱した戦いは常陸山が力で圧倒して4回目の優勝をした。負けたとはいえ梅ヶ谷の評価は高く、場所後には常陸山とともに横綱へ推挙された。
梅ヶ谷の横綱推挙は常陸山が「梅ヶ谷と同時推挙がのぞましい」という発言で協会を動かして実現した。両者の対戦成績は7勝3敗5分で常陸山に分があるが、それでも常陸山にとっての好敵手は梅ヶ谷以外はいないだろう。
メニューへ つぎへ


お知らせ



【 予想番付と本番付の違い 】
[ 幕内力士 ]
千代翔馬

[ 十両力士 ]
志摩ノ海

ただし、当社星取クイズ商品購入版は、あくまでも予想番付に従って行います。
※志摩ノ海は、十両の成績が対象となります


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ 成績照会 について ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

大変ご迷惑御おかけいたしております。

当社星取クイズには、2種類ございます。
キャンペーン商品購入版と集計版です。
成績照会は別々になっておりますので、それぞれのカテゴリの成績照会をご利用ください。

左のカテゴリで

■ 商品購入版 ■の成績照会は、
商品(3,000円、6,000円、9,000円)をご購入されたお客様用です。

/// 集計版 ///の成績照会は、
集計のみ(500円)のお申込をされたお客様用です。

お手数をおかけいたしますが、どうぞご利用ください。

バナー バナー

大相撲星取クイズ モバイル

QRコード左のバーコードをケータイで読み取るか、URLをケータイに送信!してアクセス。ケータイに送信