ワードプレスサイト

相撲史神事と武道の華麗なる融合
イメージ画像

Vol.31 西ノ海のわがまま

大関の上は横綱、現在ではあたり前の番付なのだが実は以外に歴史が浅い。明治23年(1890)5月場所に四人の大関が登場した事がきっかけとなっている。
以前は東西に大関は一人ずつという原則があり、大関が四人になり仕方なく張出大関をつくることにして、先場所で成績が振るわなかった西ノ海を張出大関に据えたのだが、その西ノ海と師匠の高砂から協会に対して猛烈な抗議があった。
西ノ海はもちろん、師匠の高砂は協会のボスでもあり、二人を敵に回すことは出来ずに苦肉の策として横綱の名で番付に載せることになった。明治42年(1909)には相撲界の最高位として協会も認め、協会規則に明文化した。西ノ海のわがままから生まれた横綱とはいえ、もし納得していたら番付に横綱の名称が載るのはいつになったのだろうか。
メニューへ つぎへ


お知らせ



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ 成績照会 について ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

大変ご迷惑御おかけいたしております。

当社星取クイズには、2種類ございます。
キャンペーン商品購入版と集計版です。
成績照会は別々になっておりますので、それぞれのカテゴリの成績照会をご利用ください。

左のカテゴリで

■ 商品購入版 ■の成績照会は、
商品(3,000円、6,000円、9,000円)をご購入されたお客様用です。

/// 集計版 ///の成績照会は、
集計のみ(500円)のお申込をされたお客様用です。

お手数をおかけいたしますが、どうぞご利用ください。

バナー バナー

大相撲星取クイズ モバイル

QRコード左のバーコードをケータイで読み取るか、URLをケータイに送信!してアクセス。ケータイに送信
ツイート