ワードプレスサイト

相撲史神事と武道の華麗なる融合
イメージ画像

Vol.21 土俵入りの二つの型

横綱土俵入りには雲龍型、不知火型がある。10代横綱雲龍久吉、11代横綱不知火光右衛門の型が素晴らしく後世に伝えられたといわれている。
型が定まったのは昭和に入ってからで、羽黒山が36代横綱になったときに太刀山の型を受け継いだ土俵入りをし、それを見た相撲研究家が不知火型だと決め付け、それ以外はすべて雲龍型とされてしまった。しかし原型である太刀山は雲龍型だと言い、雲龍型といわれている二代目梅ヶ谷は不知型を元にしているという。
実は雲龍型が不知火型、不知火型が雲龍型という可能性もあるが、肝腎の二人の土俵入りに関する資料では推定も出来ず、現状の呼称のままである。
メニューへ つぎへ


お知らせ



【 予想番付と本番付の違い 】
[ 幕内力士 ]
千代翔馬

[ 十両力士 ]
志摩ノ海

ただし、当社星取クイズ商品購入版は、あくまでも予想番付に従って行います。
※志摩ノ海は、十両の成績が対象となります


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ 成績照会 について ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

大変ご迷惑御おかけいたしております。

当社星取クイズには、2種類ございます。
キャンペーン商品購入版と集計版です。
成績照会は別々になっておりますので、それぞれのカテゴリの成績照会をご利用ください。

左のカテゴリで

■ 商品購入版 ■の成績照会は、
商品(3,000円、6,000円、9,000円)をご購入されたお客様用です。

/// 集計版 ///の成績照会は、
集計のみ(500円)のお申込をされたお客様用です。

お手数をおかけいたしますが、どうぞご利用ください。

バナー バナー

大相撲星取クイズ モバイル

QRコード左のバーコードをケータイで読み取るか、URLをケータイに送信!してアクセス。ケータイに送信