ワードプレスサイト

相撲史神事と武道の華麗なる融合
イメージ画像

Vol.13 上覧相撲という伝統

大名が力士を抱えるというのは戦国時代からあったことで、江戸時代初期に相撲禁止令が出される前は、競って力士を集め相撲衆と呼ばれる家臣として取り立てた。しかし相撲禁止令が出されると大名たちの相撲熱は下火になってしまうが、勧進相撲の復興すると各藩内で職業力士の要請や他国の有名力士をスカウトしたり、相撲興行の時にお抱え力士をレンタルするなど、強豪力士を多く抱えることをステータスとしはじめる。
江戸相撲が発展していくと、東西の力士交流も盛んになり、三役・幕内・幕下上位は江戸で春冬の2回、京都・大阪では各2回の定場所土俵に上がるようになった。
上覧相撲の開催は相撲人気をあおり、江戸庶民の楽しみとして定着、力士たちは人気と尊敬を集めていた。
メニューへ つぎへ


お知らせ



【 予想番付と本番付の違い 】
[ 幕内力士 ]
千代翔馬

[ 十両力士 ]
志摩ノ海

ただし、当社星取クイズ商品購入版は、あくまでも予想番付に従って行います。
※志摩ノ海は、十両の成績が対象となります


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ 成績照会 について ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

大変ご迷惑御おかけいたしております。

当社星取クイズには、2種類ございます。
キャンペーン商品購入版と集計版です。
成績照会は別々になっておりますので、それぞれのカテゴリの成績照会をご利用ください。

左のカテゴリで

■ 商品購入版 ■の成績照会は、
商品(3,000円、6,000円、9,000円)をご購入されたお客様用です。

/// 集計版 ///の成績照会は、
集計のみ(500円)のお申込をされたお客様用です。

お手数をおかけいたしますが、どうぞご利用ください。

バナー バナー

大相撲星取クイズ モバイル

QRコード左のバーコードをケータイで読み取るか、URLをケータイに送信!してアクセス。ケータイに送信