ワードプレスサイト

相撲史神事と武道の華麗なる融合
イメージ画像

Vol.10 復興した勧進相撲

元禄時代(1688〜1704)に京坂を中心に勧進相撲が盛大に復興した。この頃に番付が制度として成立。当初は板に書かれて、盛り場の辻などに立てられていたが、享保2年(1717)、東西別々に書いた二枚組の横番付が初めて紙に刷られて発行された。宝暦7年(1757)10月冬場所には、新興の江戸相撲が相撲の中心であった京坂への対抗意識から、新しく縦一枚で東西に分ける番付を考案した。
江戸相撲は京坂相撲に迎えてもらえない二流どころだったが、江戸が大都市へと成長すると、東北の力士も吸収し力をつけていき京坂へと上っていった。寛保3年から番付の四股名の上に「江戸」と頭書するようになった。
宝暦・明和(1751〜72)、興業や巡業の運営は全国的な組織化を見せ、年功力士は年寄となり相撲部屋を経営、新たな力士育成を始めるなど現在の相撲協会にあたる相撲会所の制度が整い始めた。
メニューへ つぎへ


お知らせ



【 お詫び 】
7月場所GET「必勝予想版」において、朝乃山2019年5月場所の成績欄で「前5」と表記しておりました。
正しくは、「前8」です。
大変ご迷惑をお掛けいたしまして誠に申し訳ございません。訂正いたしましてお詫び申し上げます。


【 十両力士 しこ名改名 】
旧しこ名
「琴鎌谷」ことかまたに

新しこ名
「琴ノ若」ことのわか


【 お詫び 】
7月場所GET「必勝予想版」において、西方先場所勝敗見出しが「2018 5月」になっておりました。
正しくは、「2019 5月」です。
大変ご迷惑をお掛けいたしまして誠に申し訳ございません。訂正いたしましてお詫び申し上げます。


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ 成績照会 について ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

大変ご迷惑御おかけいたしております。

当社星取クイズには、2種類ございます。
キャンペーン商品購入版と集計版です。
成績照会は別々になっておりますので、それぞれのカテゴリの成績照会をご利用ください。

左のカテゴリで

■ 商品購入版 ■の成績照会は、
商品(3,000円、6,000円、9,000円)をご購入されたお客様用です。

/// 集計版 ///の成績照会は、
集計のみ(500円)のお申込をされたお客様用です。

お手数をおかけいたしますが、どうぞご利用ください。

バナー バナー

大相撲星取クイズ モバイル

QRコード左のバーコードをケータイで読み取るか、URLをケータイに送信!してアクセス。ケータイに送信