ワードプレスサイト

相撲史神事と武道の華麗なる融合
イメージ画像

Vol.8 織田信長は相撲狂

元亀元年(1570)〜天正9年(1581)までに度々相撲大会を催したり、安土城などに1500人もの相撲人を集め大規模な上覧相撲を開催したりと、織田信長の相撲好きは広く知られていた。江戸時代中期の行司が書いた文献には、信長は相撲にとって重要な土俵を考案したとされており、信長は相撲史上において高く評価されている。
もっとも、相撲の歴史と行事の家柄に箔をつけるための創作ともいわれ事実ははっきりしないが、大の相撲好きでアイデアマンの信長が相撲大会開催時に、いろいろと細かい規則の決定や勝負を明確にするために努力していたことは明らかである。
延宝・天和年間(1673〜83)頃に俵を地面に置いただけの土俵の相撲絵画が現れ始める。現在の土俵のようになるのは享保年間(1716〜35)になる。土俵の考案により舞台と観客席の区別がはっきりして、相撲の娯楽化、職業化に拍車がかかる。
メニューへ つぎへ


お知らせ



【 予想番付と本番付の違い 】
[ 幕内力士 ]
千代翔馬

[ 十両力士 ]
志摩ノ海

ただし、当社星取クイズ商品購入版は、あくまでも予想番付に従って行います。
※志摩ノ海は、十両の成績が対象となります


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ 成績照会 について ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

大変ご迷惑御おかけいたしております。

当社星取クイズには、2種類ございます。
キャンペーン商品購入版と集計版です。
成績照会は別々になっておりますので、それぞれのカテゴリの成績照会をご利用ください。

左のカテゴリで

■ 商品購入版 ■の成績照会は、
商品(3,000円、6,000円、9,000円)をご購入されたお客様用です。

/// 集計版 ///の成績照会は、
集計のみ(500円)のお申込をされたお客様用です。

お手数をおかけいたしますが、どうぞご利用ください。

バナー バナー

大相撲星取クイズ モバイル

QRコード左のバーコードをケータイで読み取るか、URLをケータイに送信!してアクセス。ケータイに送信