ワードプレスサイト

新年のご挨拶


32.茶色のテーピング
撲は体ひとつで行う格闘技。身に付けるのはマワシのみ。ケガや生傷が絶えないのも致し方あるまい。少しでもケガを防止するために、股割りで体を柔軟にしたり、四股で強い足腰やバランス感覚を養ってはいる。また最近はケガを予防したり、故障箇所を保護するためのテーピングもずいぶん普及している。
ひと昔と較べても、テーピングをして土俵に上がる力士がずいぶん増えたように思う。公傷制度が無くなり、ケガをして土俵を離れれば、どんどん番付が下がってしまう世界だ。ケガの防止は、いくらでも徹底しておきたいことだろう。
ーピング姿の力士が目立つようになったのは、その色のせいもあるだろう。かつて力士は、テーピングに限らず、包帯やサポーターを使う場合でも、ウーロン茶をかけたり浸したりして肌色に染めていた。遠目から判りにくくするためだ。
私は、力士たちがいつもくすんだ色のテーピングをしているのは、常に交換していないからだと思っていた。稽古や日常生活を通してテーピングが汚れたのだろうと。そうではなかった。力士たちは、できるだけ人目につかないよう、テーピングを変色させていたのだ。こんなことをするスポーツ選手は、おそらく力士ぐらいのものだろう。
挿絵と文章は関係ありません
在は真っ白なテーピングをする力士が増えた。テーピング理論の浸透によって、テーピングはカッコ悪いことでも、女々しいことでもないと思われるようになってきたからだろうか。しかし私はどちらかというと、かつてのウーロン茶を浸した力士の心意気のほうが好きだ。
力士は基本的にきれいであるべきだと思う。スマートでハンサムであれと言っているわけではない。締め込み一本で、他に何も体に付けない姿を「美しい」と思うのだ。そんな力士が登場するからこそ、相撲は、スポーツを超えた伝統のエンターテイメントたり得るのではないだろうか。
士は食わねど高ようじ。
たとえひもじい思いをしていても、ようじを咥えて満腹なそぶりをすることを言う。見栄を張るとか、いいかっこうをするのとはやや趣が異なる。人に弱みを見せない、泣きごとを言わないといった強がりの美学だ。
茶色のテーピングの根底には、武士の高ようじと同じ意識が流れている。たとえケガが恐くても、どんなにケガした部分が痛くても、テーピングをしない強がり。テーピングを巻くときは、人に気付かれないよう、ウーロン茶で変色させる強がり。そんな意味の無い、しかしとても共感できる強がりの精神が薄れていくことに、オールド相撲ファンとしては一抹の寂しさを感じてしまう。
(2005/11/01)
バックナンバー 次のエッセイを読む


お知らせ



【 予想番付と本番付の違い 】
[ 幕内力士 ]
大翔丸

[ 十両力士 ]
照 強

ただし、当社星取クイズ商品購入版は、あくまでも予想番付に従って行います。
※照強は、十両の成績が対象となります


===========
貴ノ岩引退に伴う
   取り扱いについて
===========

・初場所の予想番付におきまして「貴ノ岩」を含む構成となっております。
・引退力士はルール上【 休場扱い 】とさせて頂きます。
・お申込用紙への打ち消しはございませんが、ご記入の際はご注意下さい。
大変お手数をおかけ致しますが、宜しくお願い申し上げます。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ 成績照会 について ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

大変ご迷惑御おかけいたしております。

当社星取クイズには、2種類ございます。
キャンペーン商品購入版と集計のみのWeb版です。
成績照会は別々になっておりますので、それぞれのカテゴリの成績照会をご利用ください。

左のカテゴリで

■ 商品購入版 ■の成績照会は、
商品(3,000円、6,000円、9,000円)をご購入されたお客様用です。

/// Web版 ///の成績照会は、
集計のみ(500円)のお申込をされたお客様用です。

お手数をおかけいたしますが、どうぞご利用ください。

バナー バナー

大相撲星取クイズ モバイル

QRコード左のバーコードをケータイで読み取るか、URLをケータイに送信!してアクセス。ケータイに送信