ワードプレスサイト

新年のご挨拶


30.座布団は何故に舞う
青龍が久しぶりに負けた。連勝記録は24でストップしたが、ファンにとっては3月場所の13日目以来、実に84日ぶりに見る朝青龍の敗戦であった。
先場所中日の結びの一番。琴欧州の豪快な上手投げに、無敵の横綱・朝青龍が頭から落ちた。立行司・木村庄之助の軍配が琴欧州に上がった瞬間、場内は割れんばかりの拍手喝采。同時に、大量の座布団が宙を舞った。
座布が舞うのは、大相撲独特の光景だ。毎日起きる現象ではなく、何らかの指示によって行われるものでもない。座布団が舞うタイミングは決まっていて、必ず「その日最後の取り組み」が終わった直後。しかも、大番狂わせなど何らかの劇的な決着がついた瞬間に限られる。
連勝街道をばく進していた朝青龍が、過去一度も負けたことのない琴欧州に敗れた…などという結末は、まさに座布団が舞うために作られたようなものだ。観客の心理は、若い「イケメン」力士である琴欧州に対する賞賛の気持ちがあったろう。ふてぶてしい横綱に対する腹いせもあったろう。誰かが示し合わせずとも、誰もが座布団を投げたくなる。その瞬間の高揚した気分を説明するのは難しい。
挿絵と文章は関係ありません
ロ野球では、そうした気分はあまり味わえない。私設応援団が最前列に陣取り、選手や状況に応じた応援方法を観客に強要しているからだ。あるいはラッキー7(7回裏の地元チームの攻撃)になると、巨大スクリーンを通じて観客に手拍子を求めるのが通例となっている。サッカー、バスケットボール、バレーボールなどでも、示し合わせた応援が行われている。
大相撲は違う。全ての声援や拍手は、自然発生的にわき起こる。横綱昇進に大手をかけた魁皇に「魁皇コール」が起きたこともあるが、それとて自然発生だ。それだけに興奮の度合いが違う。見ず知らずの観客同士が、一期一会の場で臨場感と一体感を共有しつつ体現する喝采。「座布団投げ」はその極致だ。
く言う私もその現場に居合わせたことがある。平成2年9月場所の9日目、私は「星取クイズで優勝者を出した道場主」さんを引率して両国国技館にいた。結びの一番は大関霧島と平幕栃乃和歌。栃乃和歌の寄り切りに大関が土俵を割った。直後、座布団が舞った。
奇しくも私たち一行はその日の朝、春日野部屋の朝稽古を見学していた。稽古後、栃乃和歌に頼んで記念写真におさまってもらった。その栃乃和歌があげた銀星なので、嬉しさもひとしお。やおら自分の座っていた座布団をフリスビーのようにくるくる回しながら、土俵に向かって投げつけた。自分より後方の座席から投げられた座布団が、どんどん足元に落ちてくる。今度はそれらを拾っては投げ、拾っては投げた。
「座布団を投げないでください」という場内放送が、「もっと座布団を投げろ」とあおっているように聞こえるのはなぜだろう?何より、なんで我々は座布団を投げなければならないのだろう?自分でもやっておきながら、その意味がいまだに解からない。
(2005/08/01)
バックナンバー 次のエッセイを読む


お知らせ



【 予想番付と本番付の違い 】
[ 幕内力士 ]
大翔丸

[ 十両力士 ]
照 強

ただし、当社星取クイズ商品購入版は、あくまでも予想番付に従って行います。
※照強は、十両の成績が対象となります


===========
貴ノ岩引退に伴う
   取り扱いについて
===========

・初場所の予想番付におきまして「貴ノ岩」を含む構成となっております。
・引退力士はルール上【 休場扱い 】とさせて頂きます。
・お申込用紙への打ち消しはございませんが、ご記入の際はご注意下さい。
大変お手数をおかけ致しますが、宜しくお願い申し上げます。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ 成績照会 について ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

大変ご迷惑御おかけいたしております。

当社星取クイズには、2種類ございます。
キャンペーン商品購入版と集計のみのWeb版です。
成績照会は別々になっておりますので、それぞれのカテゴリの成績照会をご利用ください。

左のカテゴリで

■ 商品購入版 ■の成績照会は、
商品(3,000円、6,000円、9,000円)をご購入されたお客様用です。

/// Web版 ///の成績照会は、
集計のみ(500円)のお申込をされたお客様用です。

お手数をおかけいたしますが、どうぞご利用ください。

バナー バナー

大相撲星取クイズ モバイル

QRコード左のバーコードをケータイで読み取るか、URLをケータイに送信!してアクセス。ケータイに送信