ワードプレスサイト

コンピ君のデータbox

#10. 今場所の目玉商品

コンピ君 ここでは、今場所ぜひ注目してもらいたい力士を数名あげ近況を掲載いたします。

2019年1月場所の番付発表後に更新

 
稀勢の里


冬巡業を全休。
初場所に向けて部屋での基礎運動などで調整。
横綱審議委員会からは「激励」を決議され、出場を求められている初場所へ、25日には番付発表も行われ、各力士とも本格的な稽古へと移行していく。
それだけに、完成した綱を締めたことで「気持ちが引き締まるか」という報道陣の質問に「そんな感じです」と答えた。

 
高安


22日、冬巡業は茨城・土浦市で行われ、約3週間の全日程を終えた。
朝稽古では同市出身の大関高安が会場を盛り上げた。
ぶつかり稽古で前頭碧山に胸を出すと、その後は自ら声を掛け、栃ノ心との大関同士による豪華な三番稽古を実施。
その後のぶつかり稽古では、横綱白鵬に約6分間、胸を借りた。
「地元の皆さんに喜んでもらおうと思って」と、栃ノ心と同様に、事前にお願いしていた。
何度となく転がされ、泥まみれになったが、最後は大きな拍手がわき起こった。

 
貴景勝


九州場所、小結で初優勝し新関脇に昇進した。
千賀ノ浦部屋では、開設された2004年以降で初めて関脇が誕生した。
25日、都内の部屋で会見し、「もう一つ上の番付を目指していく」と大関への意気込みを語った。
目安は三役で3場所33勝で、今場所の成績と内容次第では昇進の可能性もあるが「いい意味で(初優勝を)忘れられている」と謙虚な姿勢で臨む。

 
逸ノ城


16日、沖縄・宜野湾市で行われた冬巡業で、2日目の幕内力士優勝トーナメントを制した。
決勝では平幕竜電を押し出した。
九州場所では今年6場所で唯一負け越しを喫し「まだ自分は良い時と悪い時の差が激しい」と自覚。初場所へ「15日間、同じように取れるようになりたい」と言い切った。

 
矢後


幕下付け出し15枚目格でのデビューから所要10場所で新入幕を果たす。
北海道出身では今年夏場所の旭大星以来、戦後52人目の幕内誕生。
現師匠が1987年3月23日に部屋を創設してから、2016年秋場所の天風以来、6人目の幕内力士となった。
2016年に中大でアマ横綱に輝いていて、中大からは2003年春場所の豪風以来6人目。
学生相撲出身では2017年九州場所で大奄美以来、93人目。

データBOXのメニューへ戻る


お知らせ



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ 成績照会 について ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

大変ご迷惑御おかけいたしております。

当社星取クイズには、2種類ございます。
キャンペーン商品購入版と集計のみのWeb版です。
成績照会は別々になっておりますので、それぞれのカテゴリの成績照会をご利用ください。

左のカテゴリで

■ 商品購入版 ■の成績照会は、
商品(3,000円、6,000円、9,000円)をご購入されたお客様用です。

/// Web版 ///の成績照会は、
集計のみ(500円)のお申込をされたお客様用です。

お手数をおかけいたしますが、どうぞご利用ください。

バナー バナー

大相撲星取クイズ モバイル

QRコード左のバーコードをケータイで読み取るか、URLをケータイに送信!してアクセス。ケータイに送信