TEL:0176-23-5714
受付:09:00〜17:00 定休日:日曜、祝日
相撲期間は毎日営業 偶数月の土曜日は休業
ライン
大関来傳"
雅山 哲士(みやびやま てつし)
少年時代に武双山の父親から相撲指導を受け、明大相撲部を3年で中退、大相撲入りをする。幕下付出でスタートして連続7戦全勝優勝し2場所で幕下を通過、十両に上がっても快進撃は止まらず12勝3敗、14勝1敗と連続優勝で十両も2場所で卒業、新入幕場所にも敢闘賞を受賞している。関取昇進を機に本名竹内から雅山に改名。「20世紀最後の大物」のキャッチフレーズを持ち、離れても四つになっても自在に取れるのが強み。平成12年夏場所後には大関へと昇進する。
イメージ画像 本名 竹内雅人
生年月日 昭和52年7月28日
出身地 茨城県水戸市
身長・体重 186cm、177kg
所属部屋 武蔵川
初土俵 平成10年7月 幕下付出
新入幕 平成11年3月
最終場所
大関昇進 平成12年7月
幕内成績
幕内勝率
優勝回数
年寄名
大関来傳のメニューへ戻る

お知らせ


ホームページがリニューアル致しました。
一部現行のページで運営致しますが、随時更新してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

■新ホームページへ■


リンク

ツイート