TEL:0176-23-5714
受付:09:00〜17:00 定休日:日曜、祝日
相撲期間は毎日営業 偶数月の土曜日は休業
ライン
大関来傳"
若島津 六夫(わかしまづ むつお)
高校相撲出身で、鹿児島県の代表選手として茨城国体に出場し団体優勝をしている。昭和50年春場所の優勝力士は大関の貴ノ花だが、部屋の兄弟子の優勝を見て「体の小さい者でも、一生懸命に稽古を積めば強くなれる」と確信。猛稽古を積み大関へと昇進するが、千代の富士と小錦には分が悪く横綱への道は絶たれた。千葉県船橋市に松ヶ根部屋を興した。夫人は元歌手の高田みづゑ。
イメージ画像 本名 日高六男
生年月日 昭和32年1月12日
出身地 鹿児島県熊毛郡中種子町
身長・体重 188cm、122kg
所属部屋 二子山
初土俵 昭和50年3月
新入幕 昭和56年1月
最終場所 昭和62年7月
大関昇進 昭和58年1月
幕内成績 356勝219敗13休
幕内勝率 61.9%
優勝回数 2回
年寄名 松ヶ根
大関来傳のメニューへ戻る

お知らせ


ホームページがリニューアル致しました。
一部現行のページで運営致しますが、随時更新してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

■新ホームページへ■


リンク

ツイート