TEL:0176-23-5714
受付:09:00〜17:00 定休日:日曜、祝日
相撲期間は毎日営業 偶数月の土曜日は休業
ライン
大関来傳"
清國 忠雄(きよくに ただお)
昭和38年九州場所で入幕、39年初場所では驚異の14連勝で大鵬と優勝を争ったが、千秋楽で大豪に敗れてしまう。優勝はならなかったが、一気に関脇へと昇進。下積み生活が長かったため、みっちりと力を付けていたからだろう。新大関だった44年名古屋場所で初優勝したときは横綱が期待された。左差し、右おっつけが得意で、きれいな立ち合い、美男で、名大関と評された。首を痛めて引退したが、理事から役員待遇へ。伊勢ヶ濱部屋再建へと努力を続ける。
イメージ画像 本名 佐藤忠雄
生年月日 昭和16年11月20日
出身地 秋田県雄勝郡雄勝町
身長・体重 182cm、134kg
所属部屋 荒磯→伊勢ヶ濱
初土俵 昭和31年9月
新入幕 昭和38年11月
最終場所 昭和49年1月
大関昇進 昭和44年7月
幕内成績 506勝384敗31休
幕内勝率 56.9%
優勝回数 1回
年寄名 楯山→伊勢ヶ濱
大関来傳のメニューへ戻る

お知らせ


ホームページがリニューアル致しました。
一部現行のページで運営致しますが、随時更新してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

■新ホームページへ■


リンク

ツイート