TEL:0176-23-5714
受付:09:00〜17:00 定休日:日曜、祝日
相撲期間は毎日営業 偶数月の土曜日は休業
ライン
大関来傳"
大麒麟 将能(だいきりん たかよし)
昭和50年秋、師匠との口約束の行き違いなど複雑な事情から、弟子16人を連れて二所ノ関部屋を飛び出して独立した「押尾川騒動」の主人公。恵まれた体と柔らかい足腰、前さばきのうまさなどで、横綱柏戸に幾度か苦杯をなめさせたが、ここ一番には硬くなりすぎて勝つことが出来ず、優勝経験のないまま終わることとなった。入幕後に足の骨折で幕下まで落ちた力士が、大関まで昇進したのは相撲史上初めてのこと。審判委員、監事、巡業部副部長などを歴任。
イメージ画像 本名 堤隆将
生年月日 昭和17年6月20日
出身地 佐賀県佐賀郡諸富町
身長・体重 182cm、140kg
所属部屋 二所ノ関
初土俵 昭和33年5月
新入幕 昭和38年9月
最終場所 昭和49年11月
大関昇進 昭和45年11月
幕内成績 473勝337敗49休
幕内勝率 58.4%
優勝回数
年寄名 押尾川
大関来傳のメニューへ戻る

お知らせ


ホームページがリニューアル致しました。
一部現行のページで運営致しますが、随時更新してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

■新ホームページへ■


リンク

ツイート