TEL:0176-23-5714
受付:09:00〜17:00 定休日:日曜、祝日
相撲期間は毎日営業 偶数月の土曜日は休業
ライン
大関来傳"
大内山 平吉(おおうちやま へいきち)
まるでスコップのようだと形容される大きな手による突っ張り、豪快な小手投げ、右四つ、左を引きつけての寄りなど“巨人”の名にふさわしく大物らしい強さだった。あごが伸びるという奇病で手術を受け、一時は三役から幕尻へ落ちるもカムバックを果たす。昭和30年春場所に準優勝、大関へ。同年夏場所の千秋楽には栃錦と熱戦を繰り広げるもの、首投げに敗れる。この一番は歴史に残るものとなった。揚子江の流れにたとえるほど期待されたが、横綱の夢はひざの故障のため成らなかった。
イメージ画像 本名 大山平吉
生年月日 大正15年6月19日
出身地 茨城県ひたちなか市
身長・体重 202cm、152kg
所属部屋 双葉山→時津風
初土俵 昭和19年1月
新入幕 昭和24年1月
最終場所 昭和34年3月
大関昇進 昭和30年5月
幕内成績 304勝256敗53休
幕内勝率 54.3%
優勝回数
年寄名 錣山→立田山
大関来傳のメニューへ戻る

お知らせ


ホームページがリニューアル致しました。
一部現行のページで運営致しますが、随時更新してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

■新ホームページへ■


リンク

ツイート