TEL:0176-23-5714
受付:09:00〜17:00 定休日:日曜、祝日
相撲期間は毎日営業 偶数月の土曜日は休業
ライン
大関来傳"
佐賀ノ花 勝巳(さがのはな かつみ)
現役時代は師匠玉錦直伝の勝負度胸と、立ち合いの呼吸のうまさ、出足速の寄り身が鋭かった。戦時下、旧両国国技館最後の場所となった昭和19年春場所、小結で13勝2敗で優勝、同年夏場所後、大関に昇進。26年春場所までの8年間15場所にわたり大関を務めた。その後、二所ノ関(元玉ノ海)が廃業したため年寄と二枚鑑札で土俵に上がった。精魂込めて横綱大鵬を育てたことは有名だが、その大鵬の四股名は「荘子」から取っており、漢書に精通している読書家らしいといえる。
イメージ画像 本名 北村勝巳
生年月日 大正6年12月5日
出身地 佐賀県佐賀市
身長・体重 170cm、128kg
所属部屋 二所ノ関
初土俵 昭和9年5月
新入幕 昭和14年5月
最終場所 昭和27年1月
大関昇進
幕内成績 200勝160敗1分30休
幕内勝率 55.6%
優勝回数 1回
年寄名 二所ノ関
大関来傳のメニューへ戻る

お知らせ


ホームページがリニューアル致しました。
一部現行のページで運営致しますが、随時更新してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

■新ホームページへ■


リンク

ツイート