TEL:0176-23-5714
受付:09:00〜17:00 定休日:日曜、祝日
相撲期間は毎日営業 偶数月の土曜日は休業
ライン
大関来傳"
名寄岩 静男(なよろいわ しずお)
双葉山、羽黒山と並ぶ「立浪三羽がらす」で、病と闘いながら、“律儀”の2字で40歳まで土俵一筋に生きた姿は男のドラマそのものであり、映画や芝居にもなったほど。左差し、上手が取れないと相手の肉をつかんでつり上げ、寄り進む強引な取り口は「怒り金時」のあだ名そのもの。大関へ返り咲きながらの全敗、十指に余る病気を克服しての涙の敢闘賞、そして病魔でボロボロになった体で関脇にカムバックした闘志。こんな力士はもう出ないだろう。
イメージ画像 本名 岩壁静男
生年月日 大正3年9月27日
出身地 北海道名寄市
身長・体重 173cm、127.5kg
所属部屋 立浪
初土俵 昭和7年5月
新入幕 昭和12年1月
最終場所 昭和29年9月
大関昇進
幕内成績 292勝279敗33休
幕内勝率 51.1%
優勝回数
年寄名 春日山
大関来傳のメニューへ戻る

お知らせ


ホームページがリニューアル致しました。
一部現行のページで運営致しますが、随時更新してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

■新ホームページへ■


リンク

ツイート