TEL:0176-23-5714
受付:09:00〜17:00 定休日:日曜、祝日
相撲期間は毎日営業 偶数月の土曜日は休業
ライン
大関来傳"
能代潟 錦作(のしろがた きんさく)
体は大きくなかったものの、正攻法の四つ相撲。腰を落としてじっくり構え、相手のすきに乗じては寄り、出てこられるとひねるなど、強い力と重い腰に物をいわせた。大関時代に1回優勝、大関から陥落したがすぐに返り咲いている。「春秋園事件」のあと、革新力士団が脱退した際には、「どんなに苦労しても親方のそばにいる」と語り、とどまったことは知られている。引退は41歳で、根っから相撲を愛し、それが土俵態度、取り口によく表れて「今様実盛」と称された。
イメージ画像 本名 石田岩松
生年月日 明治28年4月5日
出身地 秋田県山本郡
身長・体重 170cm、124kg
所属部屋 突山→能代潟
初土俵 大正4年1月
新入幕 昭和10年5月
最終場所 昭和11年5月
大関昇進
幕内成績 230勝171敗10分預43休
幕内勝率 57.3%
優勝回数 1回
年寄名 立田山
大関来傳のメニューへ戻る

お知らせ


ホームページがリニューアル致しました。
一部現行のページで運営致しますが、随時更新してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

■新ホームページへ■


リンク

ツイート