TEL:0176-23-5714
受付:09:00〜17:00 定休日:日曜、祝日
相撲期間は毎日営業 偶数月の土曜日は休業
ライン
大関来傳"
千葉ヶ崎 俊治(ちばがさき しゅんじ)
大正2年夏場所幕下に上がり、序の口以来不敗だった栃木山に初黒星を付けて名を上げた。つり、上手投げを得意とし、左四つ、出足速の寄り身は鋭かった。入幕4場所目には早くも大関に昇進。大錦、栃木山、常ノ花らの強敵を向こうに回して奮闘した。鳳引退後には横綱の声も掛かったが、病魔に襲われて果たせず、大正11年夏場所には関脇に転落、1場所で復帰したものの既に全盛期は過ぎていた。引退後は年寄玉ノ井となったが、若くして他界、惜しまれた。
イメージ画像 本名 宍倉俊治
生年月日 明治26年4月10日
出身地 千葉県印旛郡
身長・体重 176cm、120kg
所属部屋 二十山
初土俵 明治44年6月
新入幕 大正6年1月
最終場所 大正13年1月
大関昇進
幕内成績 70勝48敗14分預19休
幕内勝率 59.2%
優勝回数
年寄名 玉ノ井
大関来傳のメニューへ戻る

お知らせ


ホームページがリニューアル致しました。
一部現行のページで運営致しますが、随時更新してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

■新ホームページへ■


リンク

ツイート