TEL:0176-23-5714
受付:09:00〜17:00 定休日:日曜、祝日
相撲期間は毎日営業 偶数月の土曜日は休業
ライン
大関来傳"
九州山 十郎(きゅうしゅうざん じゅうろう)
肥満型の力士で、出足鋭く、突き押しと左四つ寄りが得意だった。郷里の遠賀川で船頭をしていたが、いかにも九州男児らしい気っぷの良さで知られた。入幕後は横綱鳳を2回倒すなど破竹の勢いで昇進し、将来の横綱と期待された。大正7年夏場所に栃木山の横綱昇進に伴って、4勝3敗1預2休の平凡な成績にもかかわらず大関昇進という幸運に恵まれたが、病魔に襲われ2場所で大関の座を失った。病気のために活躍した期間が短く、年寄としても短命だった。
イメージ画像 本名 青山→中西十郎
生年月日 明治22年5月12日
出身地 福岡県北九州市
身長・体重 174cm、124kg
所属部屋 出羽海→入間川
初土俵 明治44年5月
新入幕 大正4年6月
最終場所 大正11年5月
大関昇進
幕内成績 57勝37敗5分預41休
幕内勝率 60.6%
優勝回数
年寄名 稲川
大関来傳のメニューへ戻る

お知らせ


ホームページがリニューアル致しました。
一部現行のページで運営致しますが、随時更新してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

■新ホームページへ■


リンク

ツイート