TEL:0176-23-5714
受付:09:00〜17:00 定休日:日曜、祝日
相撲期間は毎日営業 偶数月の土曜日は休業
ライン
大関来傳"
朝潮 太郎(あさしお たろう)
先代朝汐の佐ノ山の門人となり、朝嵐と名乗って入幕、後に朝潮と改めた。古武士のような風貌で、土俵態度も堂々としており、右を差せば強みを発揮、「右差し百万石」といわれた。栃木山の苦手として知られ、3勝1敗と勝ち越している。大正3年夏場所9日目、横綱太刀山と大熱戦の末に同体で落ち、預かりとなっている。現役時代から二枚鑑札となり、門下から男女ノ川、前田山ら多数の幕内力士を育成、協会取締として貢献した。
イメージ画像 本名 薦田→坪井長吉
生年月日 明治12年4月19日
出身地 愛媛県西条市
身長・体重 176cm、113kg
所属部屋 高砂→佐ノ山→高砂
初土俵 明治34年5月
新入幕 明治40年1月
最終場所 大正8年5月
大関昇進
幕内成績 98勝64敗32分預66休
幕内勝率 60.5%
優勝回数
年寄名 高砂
大関来傳のメニューへ戻る

お知らせ


ホームページがリニューアル致しました。
一部現行のページで運営致しますが、随時更新してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

■新ホームページへ■


リンク

ツイート