TEL:0176-23-5714
受付:09:00〜17:00 定休日:日曜、祝日
相撲期間は毎日営業 偶数月の土曜日は休業
ライン
大関来傳"
伊勢ノ濱 慶太郎(いせのはま けいたろう)
父親は明治10年代に活躍した幕内力士の伊勢ノ濱荻右エ門で、親子関取として知られている。小兵であったが力が強く、左四つで押しも強く、つり、上手投げを得意とし、きびきびとした取り口で江戸っ子大関として人気があった。力水は1度しかつけず、土俵態度も立派。半面、土俵度胸が良過ぎて慎重さに欠ける場面も見られた。現役時代は、趣味で小説を書き雑誌に発表している。引退後は協会役員となり、衆望を集めていたが、不幸にも自殺を遂げた。
イメージ画像 本名 中立慶太郎
生年月日 明治16年11月9日
出身地 東京都墨田区
身長・体重 168cm、105kg
所属部屋 友綱→根岸→友綱→根岸
初土俵 明治35年1月
新入幕 明治39年5月
最終場所 大正8年1月
大関昇進
幕内成績 98勝82敗22分預58休
幕内勝率 54.4%
優勝回数
年寄名 中立
大関来傳のメニューへ戻る

お知らせ


ホームページがリニューアル致しました。
一部現行のページで運営致しますが、随時更新してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

■新ホームページへ■


リンク

ツイート