TEL:0176-23-5714
受付:09:00〜17:00 定休日:日曜、祝日
相撲期間は毎日営業 偶数月の土曜日は休業
ライン
綱の系譜
第36代横綱:羽黒山 政司
双葉山の弟分のように思われがちだが、羽黒山も記録では負けていない。序ノ口から十両まで各段優勝をしながら1場所ずつ突破し、初土俵から7場所で入幕。幕内でも優勝したので全段優勝者となった。入幕後も途中休場場所を除くと、9場所連続勝ち越し(歴代4位)で、序の口からでは16場所(歴代3位)で横綱に昇進。まさにスピード出世である。
すばらしい持久力があり、横綱在位12年は歴代最長である。妻は師匠の二女、娘は二代目羽黒山(後の立浪親方)の妻。
Haguroyama
羽黒山
本名 小林 正治
生年月日 大正3年11月18日
出身地 新潟県西蒲原郡中之口村羽黒
身長・体重 178cm、139kg
所属部屋 立浪
初土俵 昭和9年1月
新入幕 昭和12年5月
横綱昇進 昭和17年1月
最終場所 昭和28年9月
幕内勝率 77.3%
横綱勝率 78.8%
優勝回数 7回
年寄名 立浪
没年月日 昭和44年10月14日
享年 54才
綱の系譜メニューへ戻る

お知らせ


ホームページがリニューアル致しました。
一部現行のページで運営致しますが、随時更新してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

■新ホームページへ■


リンク

ツイート