TEL:0176-23-5714
受付:09:00〜17:00 定休日:日曜、祝日
相撲期間は毎日営業 偶数月の土曜日は休業
ライン
綱の系譜
第9代横綱:秀ノ山 雷五郎
相撲切手でおなじみの力士。歴代横綱で最も身長が低い。努力の人で、初土俵から20年近くかけて、39歳になってようやく横綱に昇進した。もっとも成績は悪くなく、前頭から関脇にかけて30連勝したこともある。秀ノ山の横綱昇進が遅れた一因として、単にその体格の貧弱さがイメージを損ねたことも考えられる。
年寄時代の嘉永4年2月に「嘉永の紛擾」という秀ノ山の横暴を叫んで、本中力士が回向院に立てこもる事件が勃発した。横綱・陣幕を育てている。
Hidenoyama
イメージ画像
本名 菊田→橋本 辰五郎
生年月日 文化5年
出身地 宮城県気仙沼市最知川原
身長・体重 164cm、150kg
所属部屋 秀ノ山
初土俵 文政11年3月
新入幕 天保8年1月
横綱昇進 弘化4年11月
最終場所 嘉永3年3月
幕内勝率 84.2%
横綱勝率 81.3%
優勝回数 4回
年寄名 秀ノ山
没年月日 文久2年5月19日
享年 56才
綱の系譜メニューへ戻る

お知らせ


ホームページがリニューアル致しました。
一部現行のページで運営致しますが、随時更新してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

■新ホームページへ■


リンク

ツイート