TEL:0176-23-5714
受付:09:00〜17:00 定休日:日曜、祝日
相撲期間は毎日営業 偶数月の土曜日は休業
ライン
綱の系譜
第6代横綱:阿武松 緑之助
小野川の引退後30年ものあいだ横綱不在という時代があった。この空白を埋めたのが阿武松(おうのまつ)である。稲妻と共に東西の大関に並び、2人とも横綱に昇進し、寛政の黄金時代に次ぐ相撲人気を博した。
「藤岡屋日記」によると、長州藩が横綱を八百両で買ったことが記載されている。勝率は高いのだが、引き分けも多く「待った」が多いことでも有名である。入門のいきさつについては、講談や浪曲、落語などで人情噺として語り伝えられている。
Ohnomatsu
イメージ画像
本名 佐々木 常吉
生年月日 寛政3年
出身地 石川県鳳至郡能都町七見
身長・体重 173cm、135kg
所属部屋 武隈→錣山
初土俵 文化11年11月
新入幕 文政5年10月
横綱昇進 文政11年3月
最終場所 天保6年10月
幕内勝率 81.9%9
横綱勝率 83.0%
優勝回数 5回
年寄名 阿武松
没年月日 嘉永4年12月29日
享年 61才
綱の系譜メニューへ戻る

お知らせ


ホームページがリニューアル致しました。
一部現行のページで運営致しますが、随時更新してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

■新ホームページへ■


リンク

ツイート