TEL:0176-23-5714
受付:09:00〜17:00 定休日:日曜、祝日
相撲期間は毎日営業 偶数月の土曜日は休業
ライン
綱の系譜
第4代横綱:谷風 梶之助
「わしが国さで見せたいものは、むかしゃ谷風 いま伊達模様」という里謡で有名な谷風は、人格・力量からいって古今横綱の第一人者であろう。寛政元年11月場所で、小野川と共に横綱を免許される。吉田司家が認定する横綱の始まりである。
谷風と小野川の熾烈なライバル対決、これにヒール役の雷電も加わってスター力士が続々と登場し、「寛政力士伝」の講談でみられる黄金時代が到来する。初土俵から横綱昇進までの年月が、古今横綱でもっとも遅いにもかかわらず、35連勝のまま現役で死亡している。
Tanikaze
イメージ画像
本名 金子 与四郎
生年月日 寛延3年8月8日
出身地 宮城県仙台市若林区霞ノ目屋敷
身長・体重 189cm、169kg
所属部屋 伊勢ノ海
初土俵 明和6年4月
新入幕 明和6年4月
横綱昇進 寛政2年3月
最終場所 寛政6年11月
幕内勝率 94.9%
横綱勝率 96.1%
優勝回数 21回
年寄名 現役死亡
没年月日 寛政7年1月9日
享年 44才
綱の系譜メニューへ戻る

お知らせ


ホームページがリニューアル致しました。
一部現行のページで運営致しますが、随時更新してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

■新ホームページへ■


リンク

ツイート